1. ホーム
  2. 新着情報一覧
  3. 2018年(平成29年度補正)IT導入補助金 Q&Aより

新着情報詳細

2018年(平成29年度補正)IT導入補助金 Q&Aより

2018年5月17日

Q.どのような経費が補助対象となりますか?

A.サービス、ソフトウェア導入費については、下記の内容が含まれることを想定しています。

1.ソフトウェア製品/クラウドサービス
オンプレミス製品、クラウドサービス他、ホームページ制作費用(社外・社内向け)が含まれます。
※既存ホームページの一部更新や改修費用は補助金対象外です。
※クラウドサービスの利用料は納品日から最大1年分が補助対象となります。

2.オプション
ソフトウェア製品/クラウドサービスの導入に伴い必要となる製品が補助対象となります。
●機能拡張製品
●データ連携ソフト
●ホームページ利用料(納品日から1年分までのレンタルサーバー費用等)
●アカウントID追加
●クラウド年間利用料追加

3.役務
ソフトウェア製品/クラウドサービスの導入に伴い必要となる役務が補助対象となります。
●保守・サポート費(納品日から1年分までの保守や問い合わせ、サポートの費用)
●導入設定
●業務コンサルテーション(関連会社、取引会社への説明会等費用は対象外)
●マニュアル作成
●導入研修
●セキュリティ対策

IT導入補助金の詳細はこちらをご覧ください。


ビジネスブレーンの最新機能の他にもホテル・旅館等の宿泊業界の最新情報を配信中です。 いいね!を押すだけで参加出来ます。